たけ撮りモノ語りん♪

撮ったり食ったり書いたりしてみます。
<< 日替わり魚御膳「なんかの魚の木の子あんかけ&鮪刺身」 | main | 本日の魚定食「銀鮭バター焼き」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
商売上手♪
「近所で梨の路上販売」


そろそろ日付も変わろうかという時間帯に近くで梨の路上販売をしていました。
上の2つがその梨なんだけれども・・・。

なんとなく一年くらい前にあった出来事を思い出します。
------------------------------------------------------------
(以前の出来事)
季節は冬。
深夜も1時を迎えようとしているころ、近くのスーパーが閉まる前に
お菓子作りの材料を買出しに行きました。

お菓子の材料を買って家路に着く途中にさほど大きくないダンボールを抱えた
青年が歩いていました。
なんとなく僕を見ているようです。
「すみませ〜ん」
(何だろう?道でも聞きたいのかなあ)その青年の前で僕は立ち止まりました。

青年はおもむろに言いました。
「みかん食べませんか?」

「えっ?」
僕は青年の言葉が理解できませんでした。
深夜1時を過ぎる頃にみかんを売りつけてくる人間に出会ったことが無かったからです。

青年が言うには、東京の立川というところから東京都心のお店(居酒屋等)にみかんを
買ってくれないか、ただひたすらに飛び込みで営業をかけたそうです。
なんとなく想像はつくと思いますが、飛込みでうまくいくほど世間は甘くありません。
ほとんど売れずに今の時間まであちこちを歩いていたようです。
諦めて帰ろうとしたそのときにたまたま僕を見つけたそうです。

「1袋でもいいから買ってくれませんか?おまけもつけるし、安くしますから!!
味は保証しますよ!!」
どうやら、味(質)には自信があるようです。

(んー、こんな時間にダンボール持って歩いているあんちゃんのみかんって
どうなんだ〜?)と考える前に

「んー、じゃあちょうだい」
即決かつ即答している自分がいました。

(おいおい!!買っちゃってるよ〜!!)
まあ、これはこれで面白そうかなあと、どうやら警戒心より好奇心が勝ってしまったようです。

今となっては細かなことは忘れてしまいましたが、なんか色々おまけをつけてくれた気がします。
そして、ものすご〜く感謝されたような気もします。

青年と別れて再び帰路に着きながら、「まあ美味しくなくても食あたりとかしなければ
いいやね〜♪」なんて軽く考えていました。

ほどなく自宅に到着しました。
スーパーで買ったお菓子作りの材料をしまい一息ついた頃に
「じゃあ、さっき買ったみかんを食べてみよう」

パッと見は普通のみかんです。
しかも運の悪いことにその日のお昼にもみかんを買っていたことを忘れていました。
みかんの銘柄の紙が入っていました。
両方とも同じ種類のみかんのようですね・・・。
あれ?これは高い買い物しちゃったかな〜?
お昼に買ったほうはすご〜く安かった気がする(汗)

んー、騙されたかなあ?という気もしましたが、
「まずは食べてみよう。それから考えよう」(考えることなんて何も無いですが)

皮を向いて口に運びます。
「!!!!!!!めっちゃうまい〜!!」

ありえないほど美味しいのです!!
ここまで美味しいみかんは食べたことがありません!!
他のみかんを食べる気が失せるほど極上の味です。

試しにお昼に買った同種のみかんを食べてみます。
・・・今となってはありえないほど不味く感じます・・・。

「同じ種類のみかんなのにどうしてこんなに違うんだろう?」

結果的にとても良い買い物ができたようです。
------------------------------------------------------------

その後、その青年には一度も会うことが出来ていませんが、
あの時食べたみかんは記憶に残る味です。

そんな記憶がると過ぎり、この梨はいったいどんな味がするんだろう?
とちょっと楽しみになってきました。

今回のこの梨を買うときに
POPには「梨5個で300円」と書かれていました。
「お、すげー安いじゃん!!」
この値段なら多少不味くてもしょうがないか、と割り切れるだろうし。

「すみませ〜ん、梨ください」僕は販売しているおじさんに声をかけます。
「いらっしゃい!!どう?これ食べてみてよ」
梨を試食させてくれました。
「この試食の梨はこっちの大玉のほうなんだけどさ」
5個で300円の梨ではなく、ものすごい大玉の梨が目の前にたくさん並んでいます。

「美味いっすね。この5個300円の梨も美味しいの?」当初の目的はこっちの梨なので
聞いてみます。
「んー、こっちの梨は今食べた梨より甘みが少ないよ・・・」と、あまり奨められません。

(めっさ小さい!!)5個300円の梨を見てそう思いました。
プラムくらいの大きさです。
しかも、見たところ5個しかありまsん。
この、5個300円の梨は絶対見せ物です。
もしかしたらプラスチック製かもしれません!?

そして、僕は餌にかかった魚です。
「この大玉は1個700円なんだけど、今日は半額で売ってるんだよ。どう?」

(そうかあ、こういう商売のやりかたがあるのかあ。うまいもんだなあ)
僕は、妙に感心しました。

それはさておき、梨を買うかどうか決めなくては。
(1個350円か・・・この5個300円の梨より高いのか・・・。)
「んー・・・じゃあこの大玉2個ちょうだい」

(おいおい完璧に予算オーバーじゃねえか!!)
全く自分の思考が自分で読めません・・・。

しかも路上販売でまたもや夜です。梨の状態すらろくに確認できません・・・。
我ながら買い方が全く無茶苦茶です。無謀です。

でも、楽しんでいる自分がいたりもします。
さあ、今回の梨はいったいどんな味がするのでしょう?

ドキドキしませんか(笑)
| おかし | 02:30 | comments(0) | trackbacks(0) | たけ |
スポンサーサイト
| - | 02:30 | - | - | スポンサードリンク |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://taklog.jugem.jp/trackback/164
トラックバック
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE